7/14(水)出発!脚本家・倉本聰氏が唱える「創」の思想に基づいて創設されたレストラン「ル ゴロワ フラノ」での昼食&美瑛・富良野ハイライト 日帰りツアー 14,400円

添乗員付ツアーです! このツアーは添乗員がついてます!

~富良野 ファーム富田~

ラベンダーを中心に80種類もの花々が緩やかな丘陵を彩る富良野を代表する花畑です。園内には12の花畑があり、春から秋まで花を楽しむことができます。またラベンダーグッズ、ソフトクリーム、スイーツ等のショップもあり1日中楽しめるスポットです。創設者の歴史を紹介する「富田忠雄記念室」やオリジナルグッズを取りそろえた『花人(はなびと)の舎(いえ)』等、園内には様々な施設があります。花人の舎2Fには5品種のラベンダーオイルを比較できる香りの体験室を新設、お土産用に購入できる5種のエッセンシャルラベンダーオイル(2021年度新商品)も人気です。

~青い池~

水面が青く見える不思議な池。十勝岳の防災工事の際、堰堤にたまった水が、不思議なほど青い色をたたえ、立ち枯れのカラマツとあいまって幻想的な風景に。いつしか「青い池」とよばれるようになりました。立ち枯れたカラマツが幻想的な雰囲気を醸し出しています。

 

~白ひげの滝~

白い髭のようい見える落差30mの滝。自然岩の間から染み出た地下水が勢いよく渓流に 流れ落ち、コバルトブルーにきらめく美瑛川がしぶきを上げている様子を、間近にみられるびえい白金温泉街の観光名所の1つです。日本でも珍しい「潜流爆」に分類される滝である。 

~パッチワークの路~

なだらかな丘の稜線上を走っており、かつ周囲は畑ばかりで視界を遮るものがなく、ケンとメリーの木や、セブンスターの木はもちろんの事、隣の稜線上には親子の木、さらにはその奥にはマイルドセブンの丘、そしてバックには十勝岳と、とても日本とは思えない、まるでヨーロッパの田園地帯にいるような美しい景色が見られ、美瑛を代表する観光地となっています。

ランチ

「ル ゴロワ フラノ」でのイタリアンコース料理

脚本家・倉本聰氏が店舗デザインおよびメニューの監修、店舗の命名、ロゴデザインを行い、料理を手がけるのは「北海道 食のサポーター」であり、東京・表参道で北海道食材にこだわったレストランとして名をはせた「ル ゴロワ」のシェフ大塚健一。シェフ大塚は「食材は穫れた場所で食べるのが一番おいしいし、命を感じるこの富良野の地で料理を食べていただいたらお客さまが幸せになれる」と考え富良野へ移住し、生産者への敬意を重んじたメニューを考案しています。

~食事イメージ~

~外観等~

食の根源に迫るフランスの革新派美食ガイドブック『ゴ・エ・ミヨ ジャポン』発行によるゴ・エ・ミヨ 2021』 日本版にて、見事3トック(コック帽)を獲得しました。

*メインディッシュは鹿肉をご用意しておりますが豚肉料理又は魚料理に変更する事が可能ですので、事前に、お申出願います。

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴い、乗車人数を制限し、車内の消毒・換気など細心の注意を払って実施いたしますので、ご予約お待ちしております!

SNSでシェアする!