【1/21(金)17:00より停止】1月4日~3月10日(3月11日チェックアウト)「どうみん割」について

新規コンテンツです!
「どうみん割」の停止について

「どうみん割」につきましては、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、道内における「まん延防止等重点措置(以下「重点措置」)」の適用を
国に要請することになったことから、次のとおり停止することとなりましたのでお知らせします。

1.停止対象地域
全道域(事業停止にあたって設定している6つの圏域すべて)
【参考・6つの圏域】
①札幌市、②道央1(石狩(札幌市を除く)、空知)
③道央2(後志、胆振、日高)、④道南(渡島、檜山)
⑤道北(上川、留萌、宗谷)、⑥道東(オホーツク、十勝、釧路、根室)

【参考・該当停止条件】
重点措置区域を定める場合、当該区域を含む圏域を停止
全道域が重点措置区域となることから、6つの圏域すべてで事業を停止

2.停止の開始日時
(1)新規予約
令和4年1月 21 日(金)17:00

(2)既存予約
国の「まん延防止等重点措置」の決定日から一週間後 ※具体的な日時については、決まり次第、改めてお知らせします。

3.キャンセル料
・本発表以降、予約済みで取消料対象のお客様は、はキャンセル料を無料といたします。

 

 

「どうみん割」とは?
新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ旅行需要の早期回復を図るための旅行割引制度です。また、どうみん割の利用者には、旅行期間中に使用可能な、『ほっかいどう応援クーポン』の配布を行います。

対象期間は?
どうみん割の対象となった商品の中で、
令和4年1月4日から令和4年3月11日(宿泊の場合はチェックアウト)
(令和3年12月19日正午より販売開始済)

割引額は?

離島特例割引額の設定はありません。

対象条件

青森県民の新規予約を停止します(令和4年1月15日0:00から当面の間)

→青森県における新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、どうみん割における青森県民の新規予約を停止致します。

・北海道民及び青森県民に限ります。
※グループの中に北海道民・青森県民以外の方がいる場合は、グループ全員が割引対象外となります。

・身分証明証(免許証・健康保険証等)により利用者全員が対象者であること。
※グループの中に1名でも身分証明等により北海道民・青森県民であることを確認が出来ない場合は、グループ全員が割引対象外となります。

どうみん割の利用にあたって、ワクチンの接種を完了していること、またはPCR検査等の結果が陰性であることが条件となります。(下記参照)

「ワクチン・検査パッケージ」制度の活⽤
下記のAまたはBを確認したのちに予約成立とさせていただきます。
※6歳以上~12歳未満で同居する親等の監護者が同伴する場合、検査結果の確認は不要です。

A. ワクチン接種済の⽅
お申込後、予約回答時に旅行者全員(12歳以上)のワクチン接種歴がわかる書類の画像データをEメールにてお送りいただきます。
※ワクチン2回⽬の接種⽇から14⽇以上経過している場合に限られます。
※予防接種済証等の有効期限については、現時点では定めません。

B. PCR検査等の検査結果が陰性の⽅(検体採取⽇から3⽇以内にチェックインする場合に限る。)
お申込時点で検査結果の確認が出来ない為、「どうみん割」を適⽤しない通常料⾦にて予約を締結し、
出発3日前~当日までの間に当社で検査結果を確認したのち、「どうみん割」にて再度予約を
締結し、助成額分を返金させていただきます。(返金方法は当社より改めてご連絡いたします。)
※検査については、PCR検査等(LAMP法等の核酸増幅法・抗原定量検査を含む)が推奨されます。
※事前にPCR検査等を受検できない場合には、抗原定性検査の利⽤も可能です。
※検査結果の有効期限は、検体接種⽇より3⽇以内にチェックインする場合に限られます。
ただし、抗原定性検査の場合の有効期限は、検体接種⽇より1⽇以内と定めます。
※市販の簡易キット等で、検査機関が発⾏する証明書が出ないものは、「検査結果」としては不⼗分です。
※「検査結果」は、写真・メール画⾯等も可としますが、必ず「検査結果」と本⼈の⽒名が照合できるようにご⽤意下さい。

②本⼈確認書類の確認
当日宿泊施設にて、お子様を含む全員に本⼈確認書類をご提⽰いただきます。(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード ※いずれも写し不可)

利用泊数制限について

宿泊商品における連泊の上限を1旅行あたり5泊までとします。

同一利用者による同一施設の利用泊数を1か月5泊までに制限します。

遵守事項

注意事項

1.【道内における事業停止】
・本事業参画の宿泊施設において集団感染が発生した場合

・道及び事務局による検査で宿泊施設での対策が徹底されていないことが発覚した場合

・圏域内の複数の宿泊施設で集団感染が発生した場合

・まん延防止等重点措置の措置区域が指定された場合

・北海道全体の感染状況が「新たなレベル分類の考え方」におけるレベル3(以下「レベル3」という。)相当以上と知事が判断した場合

2.【他県における利用停止】
・当該県の感染状況がレベル3相当以上と当該県知事が判断した場合

・当該県内でまん延防止等重点措置の措置区域が指定された場合

・その他、道または当該県が当該県の停止等を決定した場合

3.【お客様の都合でキャンセルした場合】
お客さまの都合で宿泊予約を取消される場合は、割引前の通常価格をベースに宿泊プラン毎もしくは各事業者毎に定められている料金を基に取消料をお支払いいただきます。

SNSでシェアする!